飲食店を開店したい!銀行融資を有利にする方法を教えて!

飲食店を開店したい!銀行融資を有利にする方法を教えて!

飲食店を開店したいと思っているんだけど、国の融資で落ちて、銀行に融資を頼まないといけなくなったから、銀行で融資を有利にする方法があれば教えて!

ポイントは自己資金の割合と、魅力的な経営プランです!

飲食店を開店しようというときに、国に資金を求めても、実はなかなか借りられないということも多いんです。国としては、新規の事業のほうがうまくいきそうだったとしても、既にある事業に優先的に資金を回しているのが現状で、新しい企画を持ち込んでも、なかなか通らない現状があるんですね。

ただ、国がダメだからといって、地方までダメとは限らないですから、先に地方の役所で審査を受けてみるのも1つの手です。その場合、主張するべきところは、どのようにその地域に貢献するか、ということです。人を雇うとか、町を活性化するという提案は、地方としては受け容れやすい提案になります。

地方でも借りられず、銀行で資金を借りる場合、重要なのは自己資金がどれだけあるか、ということと、経営プランが魅力的か、ということです。自己資金の目安は、全体で必要な資金の3分の1程度と言われます。ただ、それだけの資金を用意するのは、実際、結構、大変なことでしょう。そこで、他ではないおもしろい企画をつくり、魅力的な経営プランを打ち出すことが求められます。

このとき、現実からかけ離れたプランを提案してしまう方がいらっしゃいますが、銀行が欲しいのは、現実的な計算ができたプランです。実際にどの程度集客ができて、その根拠は何なのか、というところまで求められます。銀行にとって魅力的なプランとは、おもしろい、他とは違った戦略のあるお店の経営方針であって、さらに現実にどれだけの集客が見込めるのか、売上が見込めるのか、というところまで、綿密に計算されたプランのことです。

借りた資金を返済するのは当たり前なので、「返せます」という話では不十分なのです。これだけの利益を出して、経済を活性化できるというプランのほうが、より魅力的に映るのです。

もちろん、借りる以前にブラックになっている状況は、論外ですよ。また、そうでなかったとしても、他に借金を抱えた状態で、新たに開業資金を借りようというのは、無謀な話です。そして、銀行によって審査の基準が多少異なるため、2、3の銀行で融資を申込んでみましょう。

飲食店に勤務していても融資が受けられる銀行のキャッシングとは

飲食店で働いている方がキャッシングを利用してお金を借りる場合、そのお店でどのような勤務形態で働いているかによって条件が異なる事が多くあります。大手で正規雇用の形態で働いていたり、長期間フルタイムで勤務していることで、キャッシングでの借り入れににおける評価に有利に働き、一般的に審査基準が厳しい借入先として知られている銀行からでも、有利な条件でお金を借りることができるようになります。しかしながら、勤務経験が浅かったり、アルバイトやパートのような非正規雇用の形態で収入の不安定な方の場合は、審査で不利になることもあるので、予め幾つかのポイントを把握しておく事が重要になるのです。

飲食業界で働いていらっしゃる方は、お店を経営している方や、従業員としてアルバイトで働いているなどのケースもあり、その雇用形態は大きく異なります。キャッシングのサービスを利用する上では、申込者の返済能力の判断基準に、この雇用形態が用いられるので、この要素は大変重要なポイントとなるのです。

また、大きな飲食店で非正規雇用などの勤務形態で働いていても、大手の銀行系のキャッシングや、知名度の高い消費者金融のキャッシングの申し込みはできます。しかしこの場合は安定した収入を証明する事が必要になり、借り入れたい金額があまり高額になると審査に通過できないこともありますので、銀行や大手の消費者金融会社に申し込む際には、借り入れの希望額を適度に抑えて申し込むなどの工夫が必要になるのです。

そして、飲食店でアルバイトなどの非正規雇用で従業員として働いている方のケースで、一定の金額の借り入れが必要というのであれば、審査基準が比較的緩い中堅の業者が最適な選択肢となります。中規模の消費者金融ならば、高額融資にも対応している業者があるので、このような業者を積極的に活用する事が大切です。中規模の業者は大手よりも審査基準を緩和しており、借り入れしやすいといったメリットがあるので、利用しやすいサービスとなります。